滑り抵抗値の測定もお任せください滑り抵抗値の測定もお任せください

滑り抵抗値の測定もお任せください

滑り抵抗値測定サービス

当社では『滑り抵抗値の測定』を請け賜っております。

現地に携行型測定器をお持ちし「滑り抵抗値」の出張測定をいたします。
床材の新旧を問わず、今現在の滑り抵抗値を測定できますので
「この床はどれぐらい安全なの?」
と疑問をお持ちのお客様はどうぞお気軽にご相談ください。


スピーディな対応が大事です

近年、あらゆる場面で『滑り』が問題視されるケースが増えてきました。

『滑り』は目に見える障害ではないので、顕在化するのが突然ということが多いため、現場ではよりスピーディーな対応が求められます。

当社では以下のような場面で迅速に対応いたします。

➡滑り転倒事故があった場所

➡これからオープンする場所

➡リニューアル工事の終了時

➡「滑りやすい」と苦情のあった場所

こんな場所で測定できます

おもに歩行者を対象とした滑り抵抗値の測定ですので、公共施設の外通路、マンションのエントランス、歩道、坂道、公園の遊歩道、お手洗いなど不特定多数の方が通行する場所でお薦めします。

 

スロープ・出入口

エントランスホール・風除室

通路・廊下・歩道

トイレ・浴室

ほか歩行者の通るところ


測定できる材質


タイル、御影石、大理石、天然石、テラゾ(人造大理石)、

コンクリート床、塩ビタイル、長尺シート、Pタイル、

フロアリング、インターロッキング、鉄板、縞鋼板、

グレーチング、マンホールなど


測定が難しいケース

凹凸の差が大きい床面

幅30cm以下の狭い場所

床材が固定されていない場合

床表面に油分が多くあるところ

*このほかにも現場の状況や材質によっては測定できないケースもございますので、お電話やメールにてご相談ください。

ご用意した滑り抵抗値測定は3種類

さまざまな現場状況に合わせられるように、当社では3種類の測定方法をご用意しています。
「滑り」分野の権威のある研究者によって開発された測定器を用い、経験を積んだスタッフが測定しますのでご安心ください。
ただし、現場の状況や材質によって測定方法が限定されたり、または測定できないケースもございます。事前にお電話やメールにてご相談ください。
 振り子式 <BPN方式>  40,000円
 牽引式  <東工大方式> 40,000円
 押倒し式 <滑動角度測定方式> 40,000円
 2種測定  70,000円
 3種測定  100,000円 
  *すべて税別価格です

それぞれの測定器は特性、特徴があり、理論が異なるため測定数値に互換性はありません。
より念入りな測定が必要であれば、2種類以上の測定(クロスチェック)がお薦めです。

News

ソグナップLink

ソグナップ本部

『防滑改修ソグナップ』とは滑り止め工事のトップブランドです。

テレ朝ビフォーアフターでも採用され、その効果に皆さんが驚きました。
全国約100店の滑り止め施工店の一部をご紹介します。

Campaign

   

ただいま新刊謝恩キャンペーン実施中
ビジネス文章上達法

滑り止め問い合わせメール